ストレッチについて

ストレッチとは

スポーツや医療の分野においてストレッチ(英: stretching)とは、 体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいう。
筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、呼吸を整えたり、精神的な緊張を解いたりするという心身のコンディション作りにもつながるなど、いろいろなメリットをもたらす。

なお、ここでいう筋肉とは骨格筋のことである。

「ストレッチ」
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
https://ja.wikipedia.org/wiki/ストレッチ
2017年4月3日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

ストレッチの歴史

「ストレッチ」という言葉は、1960年頃にアメリカで発表されたスポーツ科学の論文中で使われ始め、1970年代後半より急速に概念が広がった。
ボブ・アンダーソンの著した『STRETCHING』(1975年)が普及を大きく促進したといわれる[3]。アンダーソンが提唱した静的ストレッチは現在、広く用いられている。

ストレッチには静的ストレッチのほかにも、筋肉の伸張・収縮を繰り返す動的ストレッチ、リハビリテーションの手法を取り入れたPNFストレッチなどがある。

今日、ストレッチはスポーツにおけるウォーミングアップ、クールダウンの中で盛んに行われ、重要な役割を果たしている。

「ストレッチ」
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
https://ja.wikipedia.org/wiki/ストレッチ
2017年4月3日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

ストレッチの内容

ストレッチ/呼吸法

呼吸に合わせて、ゆったりと入念にストレッチをしていきます。

アイソレーション/姿勢作り

身体の操作や維持を通じて内観力、深層筋を鍛え、より柔軟でしなやかな動きを目指します。

丹田へのアプローチ

下丹田や中丹田の操作、連携による身体操作の感覚の獲得と、相手にぶらさがらない力の伝達、吸収、跳ね返しなどを学ぶ。

肩甲骨へのアプローチ

肩甲骨の操作を自在にできれば突きのキレが増し、関節技を掛けるにも逃れるにも恩恵があります。 当然これらのメソッドは武術的恩恵だけではなく、日々の健康にとても良い効果があります。

ページトップへ