詠春拳系技法 専修会員制度|Deffic International公式web site
詠春拳系技法 専修会員制度

詠春拳系技法
専修会員制度 開始しました

詠春拳とはブルース・リー師祖が若かりし頃に学んでいた中国武術の一つで、近年では映画”イップマン”シリーズの公開から広く知られるようになりました。
Defficの通常プログラムには詠春拳のエッセンスも吸収されていますが”詠春拳系技法”の稽古ではダイナミックな動きを抑え、心肺機能や膝腰に不安のある方も安心して取り組めるようなプログラム内容になっています。
じっくりと時間をかけて武術の精妙な心技体を修めていくことができます。

詠春拳とは

詠春拳(えいしゅんけん、咏春拳、英:Wing Chun)は、広東省を中心に伝承されていた徒手武術を主とする中国武術。少林武術を祖とし、200年から300年の歴史があると考えられている。 手技に特徴があり、香港映画や、最近ではハリウッド映画などにもそのアクションの中で詠春拳の手技が見られることが多い。

ブルース・リーによって葉問派詠春拳が世界的に有名になってからは、世界各地に伝えられ最も多く練習される中国武術の一つになったが、ブルース・リー以前にも華僑によって東南アジア方面にも伝承されており、それぞれに独自のスタイルを形成している。

詠春拳
(2020年3月25日 (水) 18:45 UTC)
『ウィキペディア日本語版』より。

稽古実施予定

総本部(秋田)
火曜日/木曜日
東京武館
木曜日(第五週を除く)

稽古風景

詠春拳系技法修練イメージ

専修会員制度は強度の高いスポーツライクな稽古を免除できる制度ですが、いつでもDefficの通常稽古に参加することができます。

  • 詠春拳系技法修練イメージ
  • 詠春拳系技法修練イメージ

ページトップへ