本ページは音声が含まれております。
音声をお聞きになりたい方は、下の「SOUND ON」ボタンを
クリックして再生してください。(音量にご注意ください)
sound
次のコンテンツを表示

ジークンドーとは ブルース・リーが遺した戦いの哲学

Defficは様々な流派を研究し、截拳道の理念に基づき精製した独自の戦術・理論で構築された武術です。

急所突きや肘、膝などを含めた打撃・崩し・関節、全ての技法を駆使する。リングの上で戦う総合格闘技ではなく、路上で身を護るための総合護身武術と言えます。

その実戦性を評価され、陸上自衛隊で格闘指導官を努める方々も数多く在籍しております。

  • 理念

    稽古内容

    截拳道(ジークンドー)とは何か、何を求め鍛えるのか、截拳道の心得をご案内します。。

  • 稽古内容

    稽古内容

    截拳道(ジークンドー)をマスターするための稽古として「5つのカテゴリ」を個人の力量に合わせて無理なく指導します。

  • 施設紹介

    施設紹介

    截拳道(ジークンドー)実践団体Defficの総本部武館ならびに各支部武館の所在地・連絡先等の情報をご案内いたします。

  • スケジュール

    スケジュール・料金

    Deffic各武館のトレーニングスケジュールをご案内いたします。

  • よくある質問

    よくある質問

    Defficでの入門方法、トレーニング内容など一般的に多いご質問をまとめました。

  • ムービー

    ムービー

    Defficで行われる截拳道(ジークンドー)トレーニングを動画でまとめました。

  • 門下生募集中

Deffic トピックス

  • 第二回台湾(台北)セミナーのお申し込み順調!

    11月5日に開催する台湾(台北)セミナーですが、現地窓口からの報告では現地の方々10名からお申込みいただいております。

    セミナーの内容はDefficのシラット技術をまとめたもの、そしてそれに付随するカランビットナイフのテクニックをお伝えします。
    (詳しくは特設ページをご覧ください)

  • 陸上自衛隊 弘前駐屯地にて格闘指導

    昨年11月に岩手駐屯地で格闘指導にあたらせていただきましたが、今年は弘前駐屯地にて格闘指導をおこなって参りました。

    また、10月26日には昨年同様”異国の武術”の外部講師として指導にあたらせていただきます。

  • 第三回名古屋セミナーについて

    第一回、第二回共に参加された方から次回セミナーを希望される声を多くいただいております。

    第三回名古屋セミナーにつきまして、スケジュールの調整をおこなっておりますが、10月には弘前駐屯地での格闘指導、11月には台湾セミナー、12月は皆様ご多忙であるとのことから年明けになる可能性が大きくなります。楽しみにされている方々には大変申し訳ありませんがご理解のほどよろしくお願い致します。

  • 【68名が参加】岩手駐屯地 格闘指導

    【68名が参加】岩手駐屯地 格闘指導イメージ1

    格闘指導官とそれを志す学生の方々68名に外部講師として格闘指導をさせていただきました。

    【68名が参加】岩手駐屯地 格闘指導イメージ2

    【68名が参加】岩手駐屯地 格闘指導イメージ3

    【68名が参加】岩手駐屯地 格闘指導イメージ4

    【68名が参加】岩手駐屯地 格闘指導イメージ5

  • 2017年11月、第2回台灣(台北)講習會 開催決定!

    2017年11月、第2回台灣(台北)講習會 開催決定!

    第2回台北セミナーの開催が決定しました!詳細は近日公開致します!

  • 陸上自衛隊 岩手駐屯地”にて格闘指導

    2016101701

    総本部武館の小玉adviser、盛岡分館の高橋adviserを連れて岩手駐屯地にいってまいりました。
    (小玉adviserは陸上自衛隊で上級指導官を務めております)

    秋田駐屯地、青森駐屯地で格闘指導を務めさせていただいたことがありますが、岩手駐屯地は初めてになります。

    午前の部と午後の部で、総入れ替え。総勢20名の方々が参加となりました。

    これまでと同様に、今回参加していただいた方々も陸上自衛隊で格闘指導を務めている指導官/上級指導官の方々。
    全員接近格闘の先生ということです。

    2016101702

    日本拳法をはじめとし、様々なバックボーンを持った指導官の方々は恐ろしく飲み込みが早く、どんどん濃い内容へと進んでいきます。

    今回は接近戦にてカランビットやダガーを併用し即座に無力化するための技法を主にしましたので、シラット系が中心となりました。

    秋田、青森で過去に受講してくださった指導官の方が半数、これはとても嬉しいことです。

    そして、11月には指導官の方々ではなく、一般の自衛官約50名に格闘指導を予定で調整を進めております。

ページトップへ