Deffic稽古内容

training_top_img
Defficのカリキュラム

身体操作

基本動作1/2共通

ストレッチ

ゆったりと無理をせずにおこないます。
運動強度が高い日は稽古前だけではなく、稽古後にも。

基礎練功

波浪と螺旋のメソッド、アイソレーションなど”身体を確りと扱えるように”するための基礎練功。

截拳道基本

基本動作2

構え、足捌き、防御、攻撃の基本的な動きを稽古します。
ストレートリードなど優先度の高いメニューが多くなりますが、その日の参加状況を見て難易度の高い技術も稽古します。

攻撃と攻撃、攻撃と防御など、足捌き/防御が伴った技と技のつなぎを強化します。

複雑に絡み合った攻防ラインを立体的に、リアルタイムで捉えるための稽古。
主に対人稽古になりますが、シチュエーション設定や制限をつけた疑似組手などを多く繰り返します。
また、多対一や相手が武器を持っている場合など特殊な条件での組手もおこないます。

6つの戦

師祖の提唱した6つの戦術SDA.SAA.PIA.ABC.HIA.ABD。
これらは各レベルの課題として確り身につけることができます。

詠春拳系技法

詠春拳系技法

基本

立ち方、突き、詠春三手、小念頭など截拳道基本とは異なる基本稽古

套路(型)

師祖が小念頭の段階で詠春拳を卒業しているため、Defficとしては小念頭を最も多く稽古します。
尋橋/標指については参加者によって稽古します。

対人

安全に攻防になれるための三拍トレーニングや連拍トレーニングをはじめ、接点から相手の動きを感じ取りながらの攻防、組手までおこないます。

シラット

Defficでは詠春拳に親和性が高い技術を同時に稽古します。

武器術

バストン

打ち合わせの基本で片手武器の操作やインパクトのコントロールを学びます。
刃筋を意識して稽古することで剣への対応もスムーズになります。

ダガー

小型のナイフ、捌きの稽古を主にしていますが、截拳道としてこれを持って戦う必要がある場面においては、順手での突きはストレートリード、振り払いはバックフィスト。フェンシングのようなヒットアンドアウェイは截拳道の足捌きそのものです。

サロン

インドネシアの民族衣装を用いた技術、相手を絡め取ったり、拘束することができます。
この技術はタオルやベルトなどで代用できます。

出張指導・キッズクラス

出張指導・キッズクラス

出張指導について

出張指導について

個人をはじめ、小グループ、企業単位まで

私達截拳道実践団体Defficは陸上自衛隊秋田駐屯地に在籍する有志の格闘教官から要請を受け、定期的に格闘訓練の講習を開いております。
2014年には陸上自衛隊青森駐屯地でも講習を開かせていただきました。

第一線で活躍する方々から、その実戦性を評価されてのことです。

そしてこの自衛隊での講習に繋がったのは、格闘指導官への個人指導からでした。
このように、団体から個人、個人から団体へなど、要望があれば遠方へも出向いて指導させていただきます。

自衛官、警察官、学校関係者による有志の小単位グループから、企業や団体単位で武術を研修として取り入れたい場合は、一度ご相談ください。

サークルや同好会の開設

定期的に習いたい、しかし秋田や東京へは通うことが困難であるなら、サークルの開設も一つの道として存在します。

基本を理解し、安定した自主練習ができるまで毎週或いは隔週にて集中した指導をします。
その後、公認のサークルを開くことが可能です。

公認のサークルは、定期的に講習を受け、活発に継続することにより分館へ昇格することも可能です。

志があるならば、現在の状況は不問です。一度連絡をください。

キッズクラブについて

キッズクラス高橋塾(秋田市八橋)

高橋塾では、技術の優劣よりも、楽しく稽古をして、確りとした 骨格づくりや、精神力を養うことを重視しています。

現在小学校2年生から6年生まで約10名が通っています。

場所
八橋コミュニティセンター体育館
日時
日曜日11:00~12:30 ※第五日曜日お休み
月謝
3,000円
お問い合わせ
mame-murcie.r@i.softbank.jp

ページトップへ